取り立て

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

消費者金融会社からお金を借り、その返済を怠ると取立てが始まります。返済日までにお金を返せば特に問題はないのですが、この取立てが始まることで様々なデメリットを被ることになりますので、消費者金融会社を利用する際には期日を守ってお金を返しましょう。

 

お金を返すのを怠ると、まず消費者金融会社から督促状や返済を促す電話での連絡がきます。督促状はあくまで返済が遅延していることと早急に支払いを促す内容になっており、この時点で返済をしてしまえばそれほど大きなデメリットを被ることはありません。

 

ただし、どこの消費者金融会社も遅延した日数分だけ遅延損害金を請求するものですので、返済日から数えて遅れた分の損失はどうしても発生するものです。

 

返済が遅延し、延滞が続く限り消費者金融会社からの電話連絡や督促状がやってきます。そしてこれが2ヶ月から3ヶ月と続くと悪質な延滞者とみなされ、信用情報機関にその記録が載る恐れがあります。

 

信用情報機関に載ると今後クレジットカードを作れなくなったり、お金を借りれなくなるなどの目に見える形でデメリットを被ることになります。

 

延滞が続き、一向に支払いが行われる様子がない場合、最後には財産の差し押さえなど強制執行に出ることになります。口座を凍結、強制的に支払いが行われます。

 

消費者金融会社の取立てはこのように合法的に、そして確実に債権を回収できるように粛々と行われるので、ご利用は計画的にすることをオススメします。