消費者金融で審査が通らないのはどういう時?

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

消費者金融の審査が通らない人ってどんな人

消費者金融会社の審査が通らない人とは、つまるところ返済能力が低い人、もしくは問題がある人のことです。消費者金融会社は慈善でお金を貸しているわけではありません。低金利にするのは魅力的な融資をすることで一人でも多くの人に借りにきてもらうためであって、お金をあげたいわけではありませんので、返済能力が低い人や問題のある人には審査の段階で融資を断ります。

 

ただし、世の中にはやむにやまれぬ事情でアルバイトやパートの仕事をしている人もいます。収入の低い人を一概に返済能力の低い人とみなすと借りれるのは世の中のひと握り、高収入の人だけになってしまいます。もちろん高収入の人がお金を借りることはそうそうありません。お金を借りる機会が多いのはどちらかといえば収入の低い人になります。

 

そのような背景から、中堅に限らず大手の消費者金融会社や銀行であってもアルバイトやパートにお金を貸してくれるところは多いです。アルバイトやパートであっても収入が安定していて、特に返済能力に問題のない人であれば総量規制にひっかからない範囲でお金を借りることができます。

 

では、審査が通らない人とは具体的にどのような人になるのかというと、過去に連続して延滞をしたり、自己破産などの債務整理をしたことがある人、すなわち返済能力に問題のある人になります。

 

一度金融事故を起こすとその記録は5年から10年と長きにわたって残ります。消費者金融会社は年収や勤続年数などを調べるのと同時にこのような過去の返済の記録についてもチェックします。人によっては今は安定した仕事に就いていても、過去のブラックの情報を理由に審査落ちすることもあります。

 

基本的にこのようなブラックな情報がない限り、仕事や収入を理由に審査で落ちることはありません。もちろん、無収入の人はブラックかどうかに関係なくお金を借りれませんので、現在仕事に就いていないという人は借りる前に仕事を見つけることをオススメします。

 

消費者金融の審査が落ちるのは申し込みすぎの場合もある

 

申し込みブラックと呼ばれる状態で、大手消費者金融の審査でよくある現象です。
例えばどこかの大手に申し込んで審査落ちした場合、借りられなければ困るので他を探しますよね。
しかし、大手の審査基準は公開されていないとはいえ金太郎飴のようなもので、実際何処であってもそれほど変わらないのです。

 

つまり、一度落ちたらほぼ間違いなく同じ規模の大手消費者金融の審査には通りません。
あそこで落ちたなら審査するまでもないと判断され、相手にされなくなってしまうのです。

 

明確な基準はありませんが、申し込みブラックは3ヶ月程度で3社申し込んだらもうアウトの可能性が高いです。
実際には1社落ちた時点で審査確率という意味ではもうアウトなのですが、明確に申し込みブラックと判断されるラインでいうと3社以上でしょう。

 

ただしこれは大手消費者金融の話で、中堅消費者金融(街金)の審査にはあまり影響しません。
元々中堅消費者金融の顧客は大手で審査に通らない人なので、業者によって審査基準も違うのです。
大手でギリギリ落ちるラインの人であれば、逆に中堅は何処に行っても落ちないでしょう。
勿論、自分がどのラインで落ちたのかは判断できませんが…。

 

逆に中堅でも3社落ちるようなら、申し込みブラック以前にもう借り入れが無理だと判断してください。
債務整理に進む段階であり、借りてその場を凌ぐのは不可能です。

 

総量規制に引っかかってないのか?

 

総量規制とは、おおまかに言うと年収の1/3以上借金ができないという、本来は無理な借り過ぎを抑制する制度です。
こうなった背景には高金利と無理な借金の時代が長くあり、結果として多くの自己破産者を生むことになりました。
つまり国や法律が、年収の1/3以上借りてしまうと返済が厳しいだろうと判断したのです。
ここに大打撃を受けてしまったのが専業主婦で、自身に収入のない専業主婦は全く借金ができなくなってしまいました。

 

この総量規制の対象は、消費者金融・クレジット会社・信販会社です。
特に消費者金融はグレーゾーン撤廃とメイン顧客であった専業主婦の消滅により、倒産ラッシュが起きました。

 

逆に総量規制の対象外が、銀行系カードローンです。
とはいえ専業主婦大歓迎という雰囲気ではなく、あくまで例外なので融資が可能になる可能性もあるというだけです。
夫の方の収入で審査されますが、専業主婦が借りられた時代ほど審査は甘くありません。

 

普通に考えて夫の方が全くお金に困っていないのなら、専業主婦の方が借金する可能性も低いわけです。
借り入れの条件としては夫の方が一切金融事故(債務整理・滞納)がないのが絶対なので、銀行系カードローンで融資を受けられる専業主婦の方はそれ程多くはないでしょう。

 

インターネットでは総量規制が障害のようにいわれている所もありますが、あくまで総量規制はただのストッパーです。
抜け道を探して借りられたとしても楽な返済生活が待っているわけではないので、借り入れの判断は冷静に行いましょう。