知らない金融からの督促状

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

心当たりのない督促状が届いたら無視しましょう

詐欺の手口がどんどん巧妙になっていますよね。
架空請求やらオレオレ詐欺やら本当に世の中が嫌になってしまいます。

 

消費者金融の督促を装った詐欺も横行しているようですね。
これは自宅に請求書が届くパターンが多いそうです。

 

実際、お金を借りた事がある人などは「心当たりがある」という事で、払ってしまったりするそうですが、何という名前の所から来ているのかしっかり確認し、身に覚えが無ければ無視するのが一番です。取り立ての代行を装っている場合もありますので、実際借金がある人はすぐに払わずに、まずは借りている所に確認するのが良いですね。

 

架空請求で連絡先の電話番号が携帯電話になっている事が多いです。
また消費者金融を装う業者のハガキは文面が誰でも読み取れる、雑な物です。一般的な消費者金融であれば督促という内容を開封しなければ見れないよう工夫されていますが、そういった配慮が無いというのは詐欺の可能性が高いです。

 

どこからも借りていないという人は完全スルーでOKです。
身に覚えが無くても、払ってしまうと「支払う意思がある」とみなされて法的にも不利になってしまうので絶対に払っては行けません。
情報提供として、警察に持って行っても良いですね。

 

実際に借りていて消費者金融の督促状が来て無視したらどうなる?

 

まず前提として、その催促状が貴方自身が借りた借金である場合、無視を続けるとブラックリストに載ってしまいます。
今後借りた金融機関はおろか、大手消費者金融・銀行・クレジットカード会社・車のローン・その他分割払いの審査に問答無用で落ちてしまうでしょう。

 

借金が払えない場合でも、とりあえず催促状が来たら相談しましょう。
連絡して消費者金融側に相談すれば、月の分割分が少なくなったりする事はあります。
勿論これは延滞の期間にもよるので、ブラックリスト入りが避けられるかどうかは微妙なところです。
しかし無視という対応は一番やってはいけないので、それよりは相談をして妥協点を探りましょう。

 

別パターンとして、自分が借りた覚えのない消費者金融からの催促状が来た場合は、詐欺か連帯保証人での巻き込まれかのどちらかです。
ただしこの世の中、連帯保証人が必要な借金は殆どなく、その場合も正規の業者であれば電話連絡や自宅訪問にて丁寧な説明があるでしょう。
いきなり催促状を送りつけてきて支払えという話は、ほぼ詐欺だと考えて間違いありません。

 

まずは催促状の業者名をインターネットで調べましょう。
大体そういう詐欺をやっている業者は手当たり次第送りつけているので、同様の被害報告が必ず見つかります。
検索した結果詐欺だとわかった場合、そのまま催促状はゴミ箱行きです。

 

間違ってもこちらから連絡する等ということはしないようにしましょう。
まるでこちらの個人情報は全て知っているかのように装っていますが、大体この手の詐欺業者は住所や電話番号をまとめて買っているだけです。
殆どの場合、相手はこちらの事を何も知りません。

 

消費者金融の督促状の時効ってある?

 

まずタイトルが若干ズレているのですが、催促状の時効というものはありません。
あるのは借金の時効で、これは借りた先によって年数が変化します(5年〜10年)

 

インターネットでよく書かれている文面なのですが、催促状だけでは時効に対するストップ効果にはなりません。
それは確かなのですが、消費者金融側もそんな事は百も承知です。
内容証明郵便や、電話催促の繰り返し、職場への電話連絡など借金を催促する方法はいくらでもあります。
催促状単体が時効を止める効果が無かったとしても、時効を成立させない手段は多数あり、消費者金融側がそれをしないわけがないのです。

 

アクセス狙いのblog等でよく見るタイトルとして、時効を成立させるテクニック!と書かれてあたかも時効が実現可能かのように煽っていますが、本当にそんな手段がお手軽に実行可能なのであれば、今頃消費者金融というものは無くなっています。
到底無理なことを簡単にできると謳って、サイトのアクセス数を稼いでいるだけです。

 

時効に限ったことではないのですが、本当に有効的な手段というのはインターネットにも出回りません。
現状の法律に抜け道があったとしても、それが広まれば新しい規制ができてしまいます。
裏をかいた手段が知られてしまった時点で、その方法はもう使えないのです。