多重債務者にならないコツ

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

多重債務にならないようにするにはどうしたらいい?

多重債務は借金を複数の会社から借りてしまい、借り入れ総額と返済金額のバランスが取れなくなってしまうということ。

 

借金するに辺り、一番失敗が多く、かつ一番避けたい状態だと筆者は考えております。
借金依存症の症状の1つとも考えています。

 

そんな多重債務ですが、なってからのことを考えるより、ならないことを考えたいと思います。

 

そんな多重債務対策のポイントを3つの要点にまとめます。

 

契約内容を徹底的に確認する

1社目で契約できた会社の、契約内容を徹底的に理解してください。
借りれる金額、毎月の返済額、返済予定額、返済回数など、契約にまつわることを理解してください。
まずは、その1社目を大事にしてください。

 

お金が必要になったら、他社への相談は極力避ける。

今借りれる金額で足りなくなってしまった場合、他社へ新たな申し込みをするのではなく、既存でお持ちの会社へ必ず枠の引き上げを依頼してみてください。
出来るか出来ないかは一概に確約はできませんが、複数社の借り入れに繋がる一番の注目ポイントです。
また、返済実績のある会社であれば、枠の引き上げに関しては比較的容認してくれやすいというメリットもあります。
引き上げが成功した場合、返済プランなどはまた変更になることが多いですが、他社で借りるよりは確実に毎月の返済負担は減らせます。

 

生活設計の見直しを行う

お金がたりなくなったらまずは借り入れ!という考えをいったん捨てましょう。
そこで、とりあえずは切り詰めできるところを切り詰めていくのが大事です。
お金の使い方が乱れてできてくるのが基本的には借金です。
毎月の家計簿というのは、難しいかもしれませんが、定期的な支払いの部分を改善していくことで多重債務へ陥ることがなくなる可能性はあります。

 

多重債務は陥ってしまうと、自転車操業といって、借金を借金で返済するという究極の悪循環の可能性が非常に高まってしまいます。
そうなってしまうと、いつまで経っても借金は減らず、利息分だけを永遠と払い続けることになるというような状態へ陥る可能性は非常に高くなってしまいます。
また、どうしても他社の申し込みをされる場合は、消費者金融などではなく、低金利で貸付を行ってくれる自治体や地域などの行政からの借り入れというのも1つの手段といえるでしょう。