家族の借金を止めたい

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

主人の3度目の借金

安定した収入のある成人であれば銀行や消費者金融会社からお金を借りることができますが、いくら借りることができるといっても無理な借入は禁物です。特に家族のいる方の場合、自分一人の判断でお金を借りるのは賢明ではなく、借金をするのであれば本来であれば家族同意のもとでやるのが望ましいです。

 

説得や交渉を試みたものの、どうしても配偶者の借金を止められそうにない場合には、多少強引な方法で借金を止めさせることをオススメします。

 

借金をする人の中にはギャンブル依存症などのメンタル面で問題を抱えている場合が多いです。もちろん、それはそれでメンタルヘルスの立場から治療を試みるべきなのですが、そうこうしているうちにも借金は続いてしまいます。

 

どのような事情があるにせよ、今すぐ借金を止めさせたいのであれば信用情報機関へ連絡をし、情報照会の拒否を依頼することをオススメします。

 

通常、銀行や消費者金融会社からお金を借りる場合、信用情報機関にまず情報照会をするものなのですが、拒否設定をしておけばそもそも情報を照会することができませんので、家族がどれほど借金を望んでも情報照会できない金融機関がお金を貸し出すことはありません。

 

情報照会の拒否設定は配偶者でも設定可能なため、今すぐ家族の借金を止めたいのであればすぐに拒否設定することをオススメします。

 

借金依存症を治すにはどうしたらいいのか

 

借金をすることで、毎日の生活を豊かにしてしまうこと。それによって、金銭感覚が狂ってしまうことです。
それが借金依存症です。そんな借金依存症を改善させるためにポイントをいくつご紹介します。
『借金の総額と内訳を細かく把握すること』
当たり前?と言われてしまえば終いですが、一番大事なことです。
総額・借りてる場所・利息・返済予定額・返済期間これらを知ることがまず一番大事な治療のための材料です。
これを踏まえた上で、どれかの手段をまたは複数の手段を講じるのがいいと思います。

 

専門家への相談

ファイナンシャルプランナーや、法律相談事務所が該当します。
お金のことはお金のプロへ!
っという安直な発想ではありますが、実は結構有効です。
客観的に見た、私生活の節約を提案していただくことができます。
ただ、お金がかかります。

 

おまとめローンなどで、借金をまとめる

これは主に、複数社で借金をしてる方への最有効手段。
借金依存症の中に、返済に追われてしまうというものがあります。
借りてる総額は少額であっても、借りてる場所が複数あれば返済額は増えてしまいます。
そういった時に、一括で大きな金額を借り、それを他の借金への返済に当てこむ。
こういった手段もあります。
別途審査は必要ですが、おまとめ目的の貸付を許す会社も増えてきています。
返済額が減る可能性もあるのでかなり有効な手段です。

 

借金できる場所の解約

返済以外の使い道がないように、契約を変えてしまうという方法です。
これ以上の借金増額を増やさない為の手段です。
単純な切り詰めが必要になるので、それ相応の覚悟と生活の見直しが必要です。

 

収入を増やす

お金が無いから借金、であれば、お金を増やすための、努力をしてみましょう。
たとえば、休みの日に働く、内職をするなどなどです。または、稼ぎのいい仕事へ転職するなどです。
最近ならネットビジネスなども広がってるので、間口は広いと思います。
ご自身の時間と体調を考慮して計画を立てていただく必要があります。

 

債務整理などの法的手段を利用する

最終手段であり、荒療治と筆者は考えております。
また、別途詳しい記事がありますので、そちらをご参考ください。

 

 

 

いろいろと書きましたが、まとめるなら
『なんらかの行動を起こすこと』これが鍵になります。
そして、依存症、地獄を脱出したいという強い意志が必要です。

 

一部の方法はかなりストイックな内容となっておりますが、効果はあります。
確実性の高いものほどデメリットが大きいと考えるのが妥当かと思います。