原則としては必要

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

所得証明

銀行や消費者金融会社からお金を借りるためには所得証明書が必要になります。そのため、これからお金を借りる予定があるのであればまずは所得証明書を準備しておくことをオススメします。

 

お金を借りるには所得証明の他に身分証明書も用意する必要があります。身分証明書は免許証やパスポート、健康保険証などで事足りることがほとんどです。

 

書類を事前に準備することで手続きをスムーズに終わらせることができるので、できるだけ早く借りたいのであれば事前に用意しておいた方が良いです。

 

ただし、どうしてもすぐに所得証明書を準備できそうになければ、所得証明の必要がない銀行や大手の消費者金融会社を選ぶと良いです。

 

原則としてお金を借りるためには所得証明書が必要ですが、一部の金融機関の中には少額の融資に対して所得証明を要しないこともあります。そのような金融機関を選ぶことで、所得証明書を準備していなくてもお金を借りることができるようになります。

 

もちろん、これは少額の融資の話であって高額の融資の話ではありません。100万円以上の高額融資であればほぼ確実に所得証明書が必要になりますので、大金が必要ならば事前に書類をすべて揃えておいた方が良いです。

 

準備を完璧にこなすことで、少額から高額の融資までスムーズに借りることができるのです。

 

所得証明不要で借りれるのはどこ?

 

結論から言うと、所得証明不要なのは銀行系カードローンです。
スルガ銀行カードローン・オリックス銀行カードローン・じぶん銀行カードローン等が対象ですが、収入を調べられない訳ではありませんので、正直あまり意味がありません。

 

また所得証明不要の場合は一定の金額までで、100万円〜500万円以上の場合は必要になります。
ただ現実的に考えて、所得証明以前に100万円をカードローンで簡単に借りられるかというと不可能なので、無意味な心配でもあります。

 

ちなみに所得証明不要とは文字通りの意味ではありません。
給料があることを示さずにお金が借りられる所など存在するわけもなく、あくまで面倒な手続きが必要ないというだけのことです。
またある一定の範囲まで収入証明書や源泉徴収票が必要ないからとはいえ、高額になればなるほどあった方が審査的に有利になるのは間違いありません。

 

ちょっと穿った見方をすれば、こんな高額を借りるのにその程度の用意もしないのかと思われるともいえます。
つまり信用的な意味で一段階下がるわけであり、面倒くさいから用意しないというのは何のメリットもないのです。

 

アコム・プロミス・アイフル等の消費者金融系カードローンでも、50万円までは所得証明不要で借りられます。
ただお金を借りる以上、必要書類はできるだけ揃えておく事をお勧めします。