キャッシングの心理

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お金を借りる人の心理とは

 

きゃー 今月もあと1週間あるのに預金残高が残り少ないわ
家賃の支払い間に合うかしら

 

また借りなくちゃ 
なんでまだこうなるのかしら


 

 

キャッシングする人の心理をお伝えしますね!
一度借りる癖を身につけてしまうと何度も借りてしまう人がたくさんいるのは確かです。

 

来月はお金の足りるようにちょっと気を付けてみましょう!


 

人はどうしてお金を借りてしまうのか…
その心理を、少しご紹介できればと思います。

 

すぐ返せるだろうという、「ほぼ」無計画の気持ち

少々足りなくなってしまったときに、給料日が近いからなどの理由で借金をしてしまう。
これが正直借金のスタート地点として一番多いものだと思います。
特に最近は、宣伝効果もあいまって、間口が広がりすぎています。
こうした実績を作ってしまうことで、毎月同じことを繰り返してしまうというものがあります。
この無計画は、金銭感覚に多大な影響を与えるものとなります。

 

「誰にも知られずに借りられる」という安堵感

借金をしてしまうと家族や職場にばれてしまう。という考えの方は実際多いです。
ですが、最近は個人情報保護の考えが強くなっており、例え家族であっても一般企業から安易に、契約についてお伝えするということができなくなりました。
こういった、記載は消費者金融のHPなどを拝見しても書いてあることがほとんどです。
こういったことから、人に相談もしないで、ばれずに借りられるという安堵感から借りてしまうことも多いです。

 

ATMから勝手にお金が出てくるので借金という自覚少なくなってしまう

「全国24時間、いつでもどこでも」このうたい文句はもはや、大手消費者金融の常識になりつつあります。
コンビニATMで、借り入れや返済ができる世の中になりました。
それによって、預金を引き出す感覚で借金を引き出すという心理はあります。
これは、実際問題手軽になりすぎてしまったことによる、一番の弊害なのではないのだろうかと思います。

 

欲に負けてしまう

クレジットカードなどでよくあることです。
目の前にほしいものがあり、そのほしいものを手に入れるために借金をするという方がいます。
必要なものであれば、もちろん仕方がないことではあります。
ですが、嗜好品でもこういった考えになってしまう方がいらっしゃいます。
ある意味、最初の無計画と似てる部分はありますが、こちらは借金という自覚が少なく、暴走しやすい反面危険度は高いです。

 

 

最後に…
もちろん、これ以外にも借金する心理はたくさんあります。
ただ、いまあげたものが借金を繰り返す原因として『危険な心理』ということでピックアップしております。
総じていえることは、計画性が足りず借金という誘惑に負けてしまうという心理が、蔓延している上に危険です。