借金が返せなくて困った時は債務整理

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理には自己破産、任意整理、特定調停、民事再生があります

債務整理は借金を減額または白紙にする手続きの事を言います。
借金の返済が滞り円滑に返せず困り果てた時、法的に減らす事が可能です。

 

司法書士や弁護士に依頼して債務整理をすすめるのが一般的です。

 

債務整理には4つの方法があります。自己破産、任意整理、特定調停、民事再生についてご紹介します。

 

自己破産

簡単にまとめると、借金を帳消しにする手続きです。
金額の大小は問わず、借金を0にする手続きです。
手続きには裁判所を経由して行います。
破産をすることによって、一部職業の制限などのデメリットが生じてきます。
また、履歴はしっかり残るので、破産後のローンやクレジットなどの審査は基本的に通りません。
目安は5年から7年ほどとなります。
また、官報という特殊なリストへ名前が掲載されます。
おそらく債務整理の中で最も有名な言葉だと思います。

 

任意整理

今ある借金の将来利息をストップさせ、新たな返済プランで、借金を返済するという方法です。
自己破産と違い、裁判所は経由しません。
法律相談事務所などの、第三者と貸付元との交渉で可否を判断します。
こちらは、借金を帳消しにするわけではなく、借金の増額を防ぐための手段として見ていただくのが無難かと思います。
また、返済期間は大体3年ほどを、目安に取り決められます。
比較的手続きの難易度も低めです。
こちらも、履歴は残ってしまうので5年から7年ほどのクレジットカード審査などに影響は出てきます。
借金を増やさないようにするための手続きとして非常に有効です。
官報への記載はありません。

 

特定調停

基本的な概要は任意整理とほぼ同等です。
故に任意整理と非常に似ていますが、大きな違いは2つ
・裁判所を通して行う手続きであること
・強制執行などが、課せられても行うことができること
この2つが大きく違います。
手続きの難易度などは、上がってきます。
そして時間もかかります。
ですが、強制執行などで任意整理が出来なくなってしまっても行うことが出来る手続きとなります。
官報への記載はありません。

 

民事再生

『住宅ローン』のみを残し、残りの借金を大幅に減額する手続き。
目安金額は大体20%から10%ほどまで減額できます。
自己破産と似ている部分はいくつかありますが、こちらは資格制限(職業制限)はありません。
また、減額した借金は原則として3年で支払うことになります。
ただし、借金総額が【住宅ローンを除き5000万円以下】であることが条件として設けられております。
また、官報への記載はあります。

 

債務整理のあらましが以上となります。