任意整理と債務整理について

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

任意整理と債務整理の違いとは

債務整理とは法律の手続きののっとって債務を解決する手段の総称であり、任意整理はその方法の一つになります。債務整理には任意整理以外にも自己破産、民事再生などがあります。

 

債務整理でもっとも有名なものといえば自己破産になります。自己破産が認められると現在抱えている借金はすべて解消され、今後は返済の義務がなくなります。ただし、自己破産をすると現在所有する財産をすべて差し押さえられるため、メリット以上にデメリットの大きいものになります。

 

自己破産をするデメリットは財産の差し押さえだけではありません。社会的な評価がマイナスになるものデメリットで、一度自己破産をすると今後はローンが組むのが難しくなるなど、様々な不便を被ります。そしてそれは任意整理をした場合も同様です。

 

任意整理は自己破産と違い、財産の差し押さえなどはありません。そのため、せっかくローンを組んで購入したマイホームや自家用車など、大切な財産を守りながら借金返済に取り組めます。

 

任意整理をしても返済の義務がなくなることはありません。ただし、交渉次第では金利を大幅に下げたり、借金の額を減らすことができるので、より負担を減らして返済することができます。

 

ただし、デメリットとして今後はキャッシングやクレジットカードの利用が困難になるなどがあります。