無職のキャッシングはあり?

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無職はキャッシング出来ない

お金がないときにキャッシングを利用することで、必要な額をすぐに揃えることができます。最近は即日融資やオンライン申込などの環境が整っているので、時間帯や場所に関係なく、簡単にお金を借りることができますので、お金が足りなくて困っているときでも焦る必要はありません。キャッシングを利用してすぐに支払いを済ますことができます。

 

キャッシングを利用するにあたって特別な制限はありません。誰でも気軽に申込をすることができます。確かに延滞や債務整理をするとブラックリストに追加されてしまうのでお金を借りるのは難しくなりますが、一部の金融機関、例えば中堅の消費者金融会社を利用すればブラックでもお金を借りれます。

 

このように広く門戸を開いているキャッシングですが、例外的に借りることができない人もいます。それは無職の人、つまり無収入者です。

 

消費者金融会社は総量規制と呼ばれる規制に縛られています。そのため、年収の三分の一以上の融資は原則としてできないことになっています。この規制がある限り、無職の人は収入がありませんのでキャッシングは出来ません。

 

無職の人がどうしてもキャッシングを利用するためには最低限の安定した収入源が必要不可欠になりますので、対策としては今すぐ仕事を見つけることになります。

 

無職でお金は借りれないが専業主婦は銀行系カードローンで借りるのは出来る

 

総量規制の影響で、基本的に専業主婦の方は消費者金融でお金を借りることができません。
多少例外もあるにはあるのですが、言うまでもなく高金利で低額融資になります。
唯一の選択肢としては、銀行系カードローンです。

 

条件としては、夫の方の収入次第です。
言ってしまえば夫の方がお金を借りてそのまま家計に渡すようなものなので、各銀行系カードローンの審査に通る条件を夫の方が満たしていなければいけません。

 

これが意外に難しく、どこを基準としているかにもよるのですが金融事故が全く無い人以外はほぼ不可能でしょう。
元々大手消費者金融と比べても銀行系カードローンの審査は厳しめです。
年収200万円以上、過去の支払い滞納歴なし、債務整理の経験なしといった条件が揃っていなければいけません。
元々、専業主婦の方も対象にしている銀行系カードローンは大手ばかりです。
いくつかありますが、みずほ銀行・じぶん銀行・新生銀行などが有名です。

 

ただし通ってしまえばどこよりも金利は低めなので、それ程返済には苦労しないと思います。
全体的に見ると3.0%〜18.0%と大きく開いていますが、選べば最大で7.0%の銀行系カードローンも存在します。
というよりこの低金利で返済できないような方は、まず審査に通りません。
通るまでのハードルがとても高い分、いざ通過すれば消費者金融よりも金利は低く、倍以上違うこともあります。

 

ただ銀行系は滞納にとても厳しいので、優先順位は支払いを最優先にしましょう。
一度滞納すれば、もう二度と借りられなくなると言っても過言ではありません。

 

専業主婦でカードローンで借りるのは夫にばれる?

 

結論から言いますが、隠し通すことは可能でしょう。
元々銀行系カードローンに限らず金融機関は秘密厳守なので、銀行側の不手際でバレるようなことは稀です。
ただ元々夫の方の収入をあてにする返済なので、通常の借り入れよりはトラブルが起こる可能性は高いでしょう。
何かしらの事件で夫の方が転職や失職をしても、返済は遅れずに続けなければいけません。

 

例外として、滞納は即連絡+郵便物もあり得るので、あくまで問題なく返済をし続けている場合に限ります。
元々専業主婦の方に支払い能力がないのは分かっているので、一度滞ると他とは違い融通も効かない傾向にあります。

 

ただ個人的なところでいうと、専業主婦のカードローンは夫の方を強制的に連帯保証人にしているようなものです。
気をつけて生活すれば隠し通すことは可能かもしれませんが、人の収入をあてにして隠れてお金を借りている以上、最低限の義理としてそれを告げておいた方がいいのではないかと思います。

 

隠すという時点で、個人的な使い込みの可能性も高いわけです。
生活費を理由にカードローンを借りる場合、何が何でも夫の方に隠す必要もありません。
むしろ借りる前に許可を得た方が、言うまでもなくトラブルの可能性は下がります。

 

大袈裟かもしれませんが、隠して借りた時点で夫婦生活の破綻をある程度覚悟しましょう。
当然企業としては気軽に借りれるような雰囲気で紹介していますが、黙って夫の方を担保にしているようなものです。