消費者金融の延滞や滞納について

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

消費者金融延滞すると利息が高くなる?

消費者金融でお金を借りるとき、一番気を付けなければならないのは返済期日をしっかりと守る事です。

 

返済日を過ぎても返さないでいると、延滞分の利息として、余計な利息が発生し、返済額が大きくなってしまいます。
本来払わなくても良かったお金を払うと言うのは何とも悔しい話ですよね。

 

しかし、返済日を過ぎたら問答無用で利息が発生するかというと、必ずしもそうとは限らないようです。
例えば、給料日までの1日2日程度ならば普通の返済と同じように扱ってくれる所の方が多い模様です。
また、どうしても期日までに払えない!と分かったら、分かった時点でその旨の連絡を入れましょう。
その時、返済する意思をしっかり持っている事を伝えると、ある程度融通を利かせてくれる所もあるようです。

 

毎月毎月その調子ではさすがに無理でしょうが、どうしても困った時は、誠意を持って相談しましょう。

 

消費者金融で滞納した分を後にお金に余裕があれば一括返済出来る?

 

中々珍しいパターンですが、基本的に一括返済を断るような消費者金融は稀です。
昔は結構あったのですが、一括返済を断る=利息が取れないから利益にならないのは確かです。
しかし返済の意志がある人に対してそんな対応を取ってしまえば、まず次回利用は他の消費者金融へ行ってしまうでしょう。

 

滞納分は遅延損害金と言われ、滞納した日数に応じて計算されます。
伸びていいことは一つもないので、一括返済できるのであればすぐにでも返済しましょう。
むしろ遅延損害金より、滞納で信用を損ねて次回以降の融資を断られる方が大きなダメージです。
1ヶ月以上の延滞はブラックリストに載ってしまう可能性もあり、こうなれば大手消費者金融での融資は絶望的です。

 

ただ、滞納分を一括返済したからといって、信用度が上がるわけでもありません。
滞納したという事実は履歴として消費者金融のデータに残り、大手はそれだけで審査のラインを一段階上げることになるでしょう。
一括返済よりは滞納せずにコツコツ返してくれるお客が最高の優良客であり、一括返済によるプラス査定は一切ないので注意してください。
一括返済におけるプラスは未来の利息分を回避するだけであり、それ以上の意味はありません。

 

消費者金融で滞納して時効でチャラになる事ってあるの?

 

まず最初に、借金の時効というのは期間中に一度も返済の催促がなかった場合にのみ有効になります。
貸金業者の場合は5年間になりますが、普通に考えて滞納しているのに5年も借金の催促がないなんてことはありえません。
それこそ貸した側が倒産しないかぎり起こり得ないことで、そして狙えるものでもありません。

 

消費者金融に限らず、時効というのは正直制度として存在するだけのものだと思ってください。
刑事事件に対する時効が一番有名ですが、それを狙うには何年も潜伏生活を続けなければいけません。
携帯電話で全ての人がカメラを持っているといってもいいこの時代に、証拠もなく逃げ切るというのは中々できることではありません。

 

あえて消費者金融の時効を成立させようとすると、滞納前に国外へ逃げてそのまま向こうで暮らしてしまう事でしょうか。
勿論不法滞在になりますし、パスポートの期限や法律上の問題も絡んでくるので、言うほど簡単ではありません。
万が一それが成功したとしても借金の時効以外の問題だらけになりますし、今の世の中はそのまま逃げきれるような仕組みにもなっていません。

 

夜逃げ全般にいえることではあるのですが、借金でそんなリスクを犯す必要は何処にもないのです。
時効という言葉だけ聞くと魅力的に感じますが、借金が無かったことになるのはごく一部の例外だけなのです。