ブラックリストの住宅ローン

審査のゆるい金融はここ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブラックリストの住宅ローンって?

インターネットで検索をするとブラックリストに載っていても審査に通過できると宣伝する消費者金融会社を見つけることができます。実際、中堅の消費者金融会社の中には独自の審査基準があることが多く、その基準に照らしわせた結果、ブラックでもお金を借りることに成功した人もいます。

 

ただし、これはあくまで消費者金融会社の話であり、住宅ローンのような大口の融資が必要となるケースではまずできません。ブラックリストに一度載ってしまうと住宅ローンを組むのは難しいので、諦めた方が賢明になります。

 

それでもどうしてもマイホームを購入したいのであれば、毎月貯金をして購入額に達するまで待つか、ブラックリストの記録がなくなるまで待つかのどちらかになります。

 

ブラックリストの記録は永久に残るものではありません。ある程度時間が経てば解消されますので、しばらくは住宅ローンを組むのを諦め、ブラックの記録がなくなってから改めて住宅ローンに申し込むというのも一つの方法です。

 

ただし、ブラックリストになる原因となった金融事故次第ではブラックの情報が消えるまで10年かかるケースもあるので、それほどの長期にわたって待ち続けるくらいならば貯金をした方が賢明かもしれません。

 

いずれにしろ、ブラックリストに載って得することはありませんので、お金を借りたらきちんと返済日までに返しましょう。

 

住宅ローンを組みたいけど不安な時は信用情報開示請求してみよう

 

夢のマイホームのために、よく利用されるものが、『住宅ローン』です。
この住宅ローンは、住宅を購入するにあたってかかる莫大な金額を、分割して払うことができるというものです。

 

住宅ローンを組む際、必ず必要になるのが審査です。
その審査の中で非常に大事な役割を果たすのが、『信用情報』になります。

 

この信用情報というのは、『個人情報信用機関』に登録されている情報になります。
その情報を、開示することができます。

 

個人情報信用機関とは、クレジットやローンといった契約においての支払状態、状況を記録する機関となります。
加盟していることが条件とはなりますが、その加盟会社の支払いのすべてがわかります。
この情報を開示することで、ご自身のお手元に取り寄せようっていうことです。

 

信用情報が審査にどんな影響を及ぼすのか?

一言で言ってしまえば、信用情報に怪しい物があれば、審査が“通りません”
もちろん他にもいろんな審査規定がありますが、この信用情報は必ず通過する審査規定になります。
また、クレジットカードなどを作成する際も、通過する審査過程になります。
開示すること自体は審査に影響はありません。

 

信用情報開示の必要性

開示する目的としては、自身の状態の確認になります。
住宅ローンに焦点置けば、大きな買い物にもなりますし、計画も必要になります。
その計画をより確実にするための通過儀礼といった形で見てもいいと思います。
また、正しい情報が掲載されているかの確認ができます。
審査する側は、機関の情報=正しい情報となります。
ただ、なんらかの形で、間違った情報が登録されてしまったことで、審査が通らないなんてことを防ぐためです。

 

住宅ローンを組む際はぜひ、情報開示をおこなってみてください。